ガム・ラビング gumrubbing

ガムラビング gumrubbing

効果
①口腔内の感覚機能を高める
②唾液の分泌を促す
③嚥下運動を誘発させる
④こう反射を軽減させる
⑤顎のリズミカルな上下運動を誘発することがある

方法
口腔前庭部を4区画にわけ、その区画ごとに刺激する。
第2指の腹の部分を歯と歯肉の境目におき、前歯部から臼歯部に向かってすばやくリズミカルにこする。(1秒に2往復程度)
こするのは、前から奥に向かう時だけにする。


口腔ケアの場合は、過敏が解けてきたら口も容易に開いてくれるので、徐々に軟らかい清掃用具(スポンジブラシ等)からはじめ、軟毛の歯ブラシへと段階を踏んで道具を取り替えていきましょう。

ケアマネジメントオンライン参照
http://www.caremanagement.jp/?action_ad2_lion=true&page=vol32