機能性構音障害におけるの/ʃ/の産生訓練

機能性構音障害におけるの/ʃ/の産生訓練

歯茎硬口蓋と前舌による無声摩擦音です。
誤りとしては、同一ないし類似構音点における閉鎖の出現による/t/tʃ/への置換、側音化構音、咽頭摩擦音鼻咽腔構音が見られます。

/t/へ置換する場合

/t/へ置換している場合、多くは/s/にも同様の誤りが出現します。
/s/の訓練を行い、後続母音/a//ɯ//e//o/において、文レベルの正音産生が可能となってから、/si/を習得させ、次いで/ʃi/へ誘導します。
 STと子どもが交互に産生し、漸次接近させていきます。
構音点を教示し、そのうえで漸次接近させるなどの方法があります。
ないしょ話や静かにしなさい、ということを示す「シー」(/ʃ:/)を身ぶりとともに示すことで、産生できる場合もあります。

/s/の産生訓練はこちら↓

/tʃ/へ置換する場合

/ʃ/の構音操作事態は可能であると考えてよいでしょう。
そのため、/s/を/ts/と置換している場合と同様のステップで/t/部を消去していきます。
/s/と/ʃ/がともに誤っている場合、並行して訓練を行うことは子供が構音操作を混同しやすので避けるようにします。

/tʃ/から/ʃ/を導く訓練の流れ

機能性構音障害におけるの/s//z/の産生訓練

機能性構音障害におけるの/s//z/の産生訓練

/s//z/は、歯茎と舌尖で狭めを作り、摩擦性の雑音を産生する音です。
日本語音においては無声舌尖歯茎摩擦音/s/と有声舌尖歯茎摩擦音/z/ですが、/z/と有声舌尖歯茎破擦音である/dz/は一般に日本語では区別されないので、必ずしも/z/として訓練を行う必要はありません。
誤りの傾向としては、同じ構音点において狭めが維持できず閉鎖してしまい破裂音に置換する、摩擦はできるが構音点後方に移動している、破擦音化しているなどがあります。
また、側音化構音が見られることもあります。
/s//z/の/t//d/や/ts//ʃ/への置換は、健常児の構音発達過程においても見られる誤りです。訓練導入に際しては、現在の構音の誤りが一過性のものであるか、習得が期待される年齢を過ぎており一定期間固定的であるかについて、確認する必要があります。

/s//z/が/t//d/に置換する場合

舌尖と歯茎の狭めが保てないことが、誤りの原因として考えられます。
このため、訓練は摩擦により雑音成分が産生できるだけの舌尖と歯茎との間隔を保てるようになることがターゲットとなります。
/s/の訓練は、構音運動・舌の様子を視覚的にフィードバックしやすくするため、上歯と前舌の摩擦音である/θ/から導入します。
まず、基本訓練として舌の脱力・安定を行います。
可能となったら舌出しのまま息出しをします。/ha/ないし/he/で可能となったら、徐々に開口度を小さくするよう見本を示しながら誘導します。 /θ/に近い音が出るようになったら、漸次接近法を用いつつ定着を図ります。
息出しで開口度を小さくすることが困難な場合、舌の安定のまま開口度を小さくしていっても良いです。
開口度が小さく、なかなかできない場合、上唇と前舌での摩擦を促すと開口度を小さくさせやすいです。
ただし、この状態から上歯と前舌の摩擦へ移行することが難しい子どももいる。
開口度が小さくなり上歯端と前舌の狭めが可能となっても、息を出そうとすると閉鎖が起きる場合、息を出そうと力が入りすぎていることが考えられます。
このような場合、呼吸のリズムに合わせて優しく息を出すことから始めると/θ/が可能となることがあります。 息を出す(呼気)よりも狭めを保ったまま息を吸う(吸気)ことを意識させることにより、結果的に/θ/が成立させる誘導法も有効です。
狭めが保てない場合、ストローを利用します。 ストローは太すぎるとストローを除去していく際に困難なことがあり、細すぎると噛んでつぶれやすいです。
市販されている直径4mm程度の袋入りのものが良いでしょう。
方法としては、まず、ストローを上歯と前舌で支えてもらいます。
ストローを口腔内に深く入れすぎると舌背を刺激して隆起を促してしまうことがあるので、歯裏1cm前後が適当でしょう。これにより狭めを確保します。
そして、舌の安定を保ったままストローから息を出すよう促します。
この際、/ɸ/のときと同じように紙やティッシュを吹いたり、紙人形を吹き倒します。
袋入りのストローであれば半分だけはストローにかぶせたまま残し、吹き矢のように袋を飛ばすなど、モチベーションを上げ、かつ、視覚的フィードバックとなります。
次に、ストローを除去していきます。すぐにストローのない状態での上歯と前舌の摩擦を促してもよいのですが、狭めを保つことをストローに頼っていた子どもは、ストローがなくなった状態か舌の脱力・安定を促すら狭めを作って息を出そうとすると、元の閉鎖の癖に戻ってしまいがちである。
そのような場合、子供に息を出させたまますこしずつストローを引き抜いていくほうが容易です。
その際、1~2秒の長さで断続的に息を出させ、息を出していない間に少しずつストローを抜いていく方法と、持続的に息を出させて、息を出しているあいだに抜いていく方法が考えられます。
/θ/が可能となったら、母音と結合し、口型が変化しない/ɯ/か、/a//e/から導入します。
以上のように/s/は歯間に突出させ、上歯端と前舌の無声摩擦音/θ/から導入することが主です。
訓練が単語から文レベルに進むにつれて、自然に舌を歯間に突出され、/s/の構音点へ移動することが見られます。
/θ/から/s/への自然改善が見られない場合、語音聞き取りにおいて、子供もが自分が産生した音の正誤を弁別できることを確認してから、STと子供が交互に音をだしながら、STは見本として徐々に舌を口腔内に収納さいていきます。
聴覚的にほぼ、同一の音であることを自己フィードバックさせつつ、視覚的、感覚的に構音点を歯茎に変更させます。

ストローで/θ/を促す訓練の流れ


/ts/に誤る場合

/ts/に誤っている場合、/s/音自体は構音できるのであるから、/t/部すなわち閉鎖部分を消去していく。/tss::/と持続的に産生させます。
このとき、ごく小さい音から徐々に大きく構音させることにより、/s/部を意識させ/t/部を消去していきます。

/ʃ//tʃ/と誤る場合、側音化構音の場合

/s//z/が/t//d/に置換する場合と同じように進めていきます。

機能性構音障害におけるの/k//g// ŋ/産生訓練

機能性構音障害におけるの/k//g// ŋ/産生訓練

/k//g// ŋ/は、軟口蓋と奥舌において、閉鎖・破裂することにより産生される音です。
日本語の語音としては、無声奥舌軟口蓋破裂音/k/、有声奥舌軟口蓋破裂音/g/、奥舌軟口蓋鼻音/ŋ/があるが、/g/と/ŋ/は音環境の違いによって生じ、同一の音と認識されています。
/ŋ/が用いられるのは、/Ŋ/に後続する場合(「まんが」「おんがく」など)が主です。
構音の誤りとしては、/t//d/への置換、声門破裂音が見られます。
また、/ka/ko/の構音が可能でも/ke//kɯ/ki/が/tʃ/に置換している場合があります。
/k/g//ŋ/の産生訓練では、奥舌の挙上を促すことと、舌尖の挙上を抑えることが主目的となります。

/ŋ/から導入する

/ŋ/を促す際には、まず「口を開けて『ンー』ってやって」と促します。
産生可能であれば、/a/と結合させます(/Ŋŋ:a:/)。
結合できたら、漸次接近法を用いて「ンー」の部分を短くしていき、/ŋa/から/ga/を導きます。
/ŋa/から/ga/へは、訓練として導入しなくても文レベル程度で正音が産生可能となると、自力学習することが多いです。
/ŋ/が構音できない場合、/n/などの構音点で「ンー」を産生させます。
持続的に産生させたままSTが見本を示して、少しずつ開口度を大きくしていきます。
このとき、口腔内のどこで閉鎖しているかを、STが視覚的に確認することが必要です。

構音点法を利用する

軟口蓋の前方部、すなわち口蓋の硬い部分と軟らかい部分の分かれ目付近と、奥舌を舌圧子で触れることで構音点を意識させ、この2点を接触させます。
舌尖にお菓子のかけらなどをのせておき、お菓子が見え続けることを鏡でフィードバックさせるとよいでしょう。
また、空うがいをさせて、その際に口蓋垂が見えていないことを視覚的にフィードバックさせる方法もあります。
ただし、空うがいをさせるときには閉鎖状態を確認し、咽頭摩擦音を生じてないことに十分注意します。

舌圧子を使用する

舌尖の挙上を防ぐため、舌圧子で押さえます。
「『か』(あるいは『た』って言って」と指示し、構音しようと舌尖が挙上するところを舌圧子で押さえることにより舌背の挙上を促します。
少しずつSTが舌尖を押さえる力を弱めていき、舌に触れるだけ、舌圧子を示すだけでも舌背が挙上するようにします。

/ke/ki/を/tʃ/と誤る場合

/ke//ki/のみを誤る場合、ほかの後続母音においては/k/の産生が可能であるので、それらを利用して正音の産生を促します。
/ke/は、/ka/ないし/kɯ/から導きます。
まず、/ka/ないし/kɯ/が産生可能であることを確認します。
次に、/ka/を用いる場合であれば、/kae/の表出を促します。
このとき、/ka/と/e/を区切らずに一息で表出させます。
可能であれば、図や身ぶりで示しながら/ka/部分(正確には/a/部分)を短くしていきます。
漸次接近法を用いて、あいまいな音から徐々に/ke/に近づけていきましょう。


機能性構音障害における/t//d//n/の産生訓練

機能性構音障害における/t//d//n/の産生訓練

/t//d//n/は、歯茎と舌尖において閉鎖、破裂することにより産生させる音です。
日本語の語音としては、無声舌尖歯茎破裂音/t/、有声舌尖歯茎破裂音/d/、舌尖歯茎鼻音/n/があります。
/t//d//n/における誤りは、主に構音点が後方にずれることにより生じ、/k//g/への置換、口蓋化構音が見られ、声門破裂音もまれに見られます。
/t//d//n/の産生訓練としては、両唇破裂音と同様、鼻音/n/から導入する方法と/t/から導入する方法が考えられます。
どちらの場合も舌背の隆起を抑制し、舌尖の運動を促すことが第一に求められます。

/n/から導く

まず、「基本訓練の舌の脱力・安定を行い、舌を平らにして維持できるようにしておきます。
そのまま、舌を出させたまま閉口を促し、舌を軽く噛ませ、この状態で「ンーって言ってごらん」と促します。
これだけでは/m/のときと同様、/n/が表出されているかどうか視覚・聴覚的には確認できません。
舌は歯間に出されていて、一見平らに見えても、口腔内で舌背が隆起していることがあります。
後続母音として/a/ないし/e/を結合し、「ンーナ(n:a:)ってやってみて」と促し、それにより産生された音が/ɲ/あるいは/ŋ/に近い場合、中舌ないし奥舌部においても閉鎖されているか、閉鎖は舌尖歯茎でのみ行われていたが、/na/あるいは/ne/を構音しようと意識したことにより/ ɲ // ŋ /に近い音となった可能性の、どちらも考えられます。
このような場合、舌をより前方に突出させる/na//ne/を意識させず、/a:n:a:n//e:n:e:n/と母音を先に産生させるなどの対応を行うと良いでしょう。

/t/から導入する

基本訓練として舌の脱力・安定を行い、舌を平らに維持できるようにしておきます。
そのまま、舌出し母音へ移行します。
/ha:/あるいは/he:/から導入し、舌出しで/a://e:/が可能となったら、舌出し/a://e:/と舌を軽く噛むことを繰り返します。
/a:t/e:t/が可能となったら連続的に行わせ、/ta://te:/を導きます。
舌を噛むことによる閉鎖が意識しにくい場合、/a:p//e:p/など両唇閉鎖で感覚をつかませてから再度行うと良いでしょう。

/t//d//n/の訓練の流れ