嚥下食(介護食)とは

ある文献によると、嚥下食(介護食) とは、摂食 ・嚥下障害者 に対 し、物性や食形態を重視 した均質性 としての嚥下訓練食、不均質性 としての嚥下食 ・介護食 か ら構成分類 されている。
とあります。

ちょっと難しいですね。

ちなみに嚥下とは、飲み込みのことをいいます。
誤嚥とは、何らかの原因で、上手く飲み込むことが出来ず、飲み物・食べ物などが気管・肺に入ってしまうことです。

簡単に言うと、嚥下食(介護食)とは誤嚥を予防・防止することができ、食べやすく、飲み込みやすい食事の形態のことをいいます。

嚥下食(介護食) 段階的にもちいることで、誤嚥の防止のほか、咽頭残留物の除去、直接訓練によるリハビリをが可能になります。
様々な形態の嚥下食(介護食)があり、嚥下障害の重症度によって食事の形態を使い分けていきます。

嚥下障害が残存した方などは、おいしい嚥下食(介護食)を食べていただきたいものです。