チューブ嚥下訓練

チューブ嚥下訓練

繰り返しチューブ(カテーテル)を嚥下することにより、嚥下反射の惹起性を改善させ、喉頭挙上運動の速度および距離(変位量)を改善させる。また、舌による送り込み運動、咽頭期嚥下運動の協調性を改善させる効果も期待できる。このほかに、間歇的口腔食道栄養法(IOE 法:Intermittent oro-esophageal tube feeding)またはバルーン訓練のためにチューブの挿入手技を自立させる目的で行われる。

主な対象者

嚥下反射の惹起性、嚥下運動の協調性に問題のある場合。誤嚥のリスクが高く直接訓練が困難な場合。
IOE 法またはバルーン訓練法の適応患者

具体的方法

12~16F 程度のフィーディングチューブを経口的に(gag refrex があって経口的にできないときは経鼻的に行うこともよい)挿入し、梨状窩から食道入口部へ進め、さらに 20 cm ほど挿入したところで、チューブの先端が食道入口部から咽頭腔へ逸脱しない程度で嚥下動作に同期させながらチューブの出し入れを行う 。口腔期の送り込みを目的とした場合には、チューブを舌面上に置き、舌で咽頭へ送り込んで嚥下をさせる。導入時には訓練者が用手的に挿入し、徐々に自力で嚥下できるようにする。

注意点など

口腔からチューブ挿入を行う場合、gag が強い場合には舌でチューブをなめることから開始し、徐々に刺激に慣らす。どうしても困難な場合は無理に実施しない。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法