FIM 移乗ベッド・椅子・車いすの採点ポイント

FIM 移乗ベッド・椅子・車いすの採点ポイント


採点基準


7点:時間もかからない

6点:手すりなどの補助具が必要 3倍以上の時間がかかる(遅いと感じる時間) 

5点:指示が必要 見守りが必要 

4点:軽く手を触れている程度 ふらつくので手を添える 椅子などを抑えている

3点:軽く体を引き上げる程度

2点:体を引き上げて回してあげる

1点:2人がかりで移乗する リフターが必要 車いすを使用していない

移乗は「往復」があるため、低いほうの点数をつけるようにします。
立ち上がり動作を含みます。
起き上がりも比重は少ないが評価対象となります。
乗り移れるように車イスの位置を整えるなどは評価動作ではなく、その前の準備となります。

ベッド・椅子・車いす移乗のポイント


安全への配慮を要す、装具が必要、滑り止めマットが必要ならば6点となります。
車イスの向きを変えたり、ブレーキを掛ける確認するなどの準備が必要、フットレストの上げ下げ、布団や毛布をどかす、安全ベルト等を外すなどが必要ならば5点となります。
椅子を抑えていてもらうなどの介助が必要ならば4点となります。

FIM採点ポイントまとめはこちら↓
http://www.st-medica.com/2016/05/fim-saiten-matome.html

FIMの採点の基本概念はこちら↓
http://www.st-medica.com/2016/04/fim.html
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法