高齢者用うつ尺度短縮版 (GDS-R)

高齢者用うつ尺度短縮版 (GDS-R)


高齢者を対象としたうつ症状のスクリーニング検査。

方法
質問用紙を容易し、口頭で質問する。
質問にはイエスかノーだけで答えていただく。
必要なら同じ質問をくり返しても構わない。
検査者は、各質問に対する答えを丸で囲んでいく。
うつ症状の答え(太文字)を 1 点として計算する。

評価基準
0-4:うつ症状なし
5-10:軽度のうつ病
11+:重度のうつ病


質問内容は以下のとおり

過去 1 週間の気分に最も近い答えを選んでください

1. 基本的に自分の人生に満足していますか?
はい いいえ

2. 活動的でなくなったり興味を失ったことはありましたか?
はい いいえ

3. 常に幸福だと感じますか?
はい いいえ

4. 外に出て新しいことを始めるより家の中にいる方がいいですか?
はい いいえ

以上の質問でまったくうつ症状の答えが見られない場合はここで止める。
一つでもうつ症状の答えがある場合は、以下の質問に進む。.

5. 人生が空っぽだと感じますか?
はい いいえ

6. よく退屈しますか?
はい いいえ

7. いつも上機嫌でいますか?
はい いいえ

8. 何か悪いことが起こりそうだと心配していますか?
はい いいえ

9. 無力感を感じますか?
はい いいえ

10. 他人に比べ、記憶力に問題があると感じますか?
はい いいえ

11. 生きていることは素晴らしいと思いますか?
はい いいえ

12. 現在の自分を無価値なものと感じますか?
はい いいえ

13. 気力に満ち足りていますか?
はい いいえ

14. 自分では状況をどうすることもできないと感じますか?
はい いいえ

15. ほとんどの人は自分よりも裕福だと思いますか?
はい いいえ

評価用紙はこちら↓
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/geriatrics/pdf/gds.pdf



当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法