発語失行と音韻性錯語の関係

発語失行と音韻性錯語の関係

発語失行
プロソディーの障害 : ゆっくり話す 音と音の間が引き伸ばされる
音韻の性質 : 歪み
運動面 : 意図的な運動は困難なことがある 無意識な動きは可能
その他 : 誤りの出現する構音点が同一
訓練効果 : 運動への効果は効果あり

音韻性錯語
プロソディーの障害 : 普通のスピードで話す 普通のスピードで話す
音韻の性質 : 音の長さなどは通常通り 通常歪みは認められない
運動面 : 運動に問題は認められない
その他 : 誤りは不動的
訓練効果 : 運動へのアプローチは効果なし