誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎


液体や固形物が、気道内に入って起こる呼吸器疾患です。

気道の抵抗力が低下している状態では、細菌汚染された物質を誤嚥することで誤嚥性肺炎を起こします。
また、強酸や強アルカリを誤嚥することで出血性炎症を主徴とする刺激性障害を来たし肺炎の症状が発生します。
その場合まず全身状態の安定を最優先します。
次に、経管栄養や食事の形態、食事中・食後の姿勢、摂食・嚥下訓練について検討します。