失語症 発話の障害について

失語症 発話の障害について

流暢か非流暢か
流暢な失語
・スラスラ話す(プロソディ障害なし)
・文が長い
・たくさん話す(発話量が多い)
・発語失行がない
・後方病変例が多い

非流暢な失語
・トツトツと話す(プロソディ障害あり)
・文が短い
・あまり話さない(発話量が少ない)
・発語失行がある
・前方病変例が多い

発話症状
喚語困難
いいたいことを必要に応じて喚起することができない
迂回反応
用途などを説明する:「えんぴつ」→「字を書くもの」
音韻性錯語
語中音が他の音になる:「えんぴつ」→「えんぽつ」
意味性錯語
他の語に置き換わる:「えんぴつ」→「消しゴム」
新造語
語の意味が推測できない:「えんぴつ」→「さねとり」
*障害のタイプにより、生じる誤り方が異なる


文の発話の障害
失文法(非流暢失語に出現)
助詞や助動詞が脱落し実質語だけ産生される
「明日は休みます」→「明日、休み」電文体
錯文法
助詞の使用の誤り
「えんぴつで字を書く」→「えんぴつが字で書く」

ジャルゴン:意味をなさない発話(流暢失語に出現)
①未分化ジャルゴン:語の区切りがはっきりしない
「はれでてのけんとででんとねれ・・・」
②新造語ジャルゴン:内容語の多くが新造語に成る
「とでめで、はるったんで、それでかごねったんですよ」   
③意味性ジャルゴン:発話が語性錯語から成る

「雨が、それで車から食べてるの」