改訂水飲みテスト(modified water swallow test : MWST)

改訂水飲みテスト(modified water swallow test : MWST)


方法

3mlの冷水を口腔内に入れて嚥下してもらい、嚥下反射誘発の有無、むせ、呼吸の変化を評価する。3ml冷水の嚥下が可能な場合には、更に2回の嚥下運動を追加して評価する。
評点が4点以上の場合は、最大3回まで施行し、最も悪い評点を記載する。


判定基準

1a:嚥下なし、むせなし、湿性嗄声or呼吸変化あり

  b:嚥下なし、むせあり

2  :嚥下あり、むせなし、呼吸変化あり

3a:嚥下あり、むせなし、湿性嗄声あり

  b:嚥下あり、むせあり、湿性嗄声あり

  c:嚥下あり、むせなし、湿性嗄声なし、
     呼吸変化なし、口腔内残留あり

4  :嚥下あり、むせなし、湿性嗄声なし、呼吸変化なし

5  :嚥下あり、むせなし、湿性嗄声なし、呼吸変化なし
    追加空嚥下が30秒間以内で2回可能
 
判定不能:口から出す、無反応

結果の解釈

MWSTで3点以上と評価されれば、摂取方法の工夫が必要だとしても、そのままの流れでFTを行うことも可能であると言われています。
また、2点以下と判断された患者もケアやリハビリテーションは継続的に実施していくのが良いと言われています。
その間も、適宜、繰り返しスクリーニングテストを実施し、口から食べることができるようになったタイミングを見逃さないようにする注意深い観察眼が必要です。