ランス・アダムス症候群

ランス・アダムス症候群

低酸素性虚血性脳症の発症後数日もしくは数週で皮質の興奮性二進に伴う動作時ミオクローヌスを生じる病態をLance-Adams症候群と称します。動作時ミオクローヌスは四肢末梢優位で、歩行障害がQOLの低下につながることが多い。治療に苦慮する症例が多く、適切な治療薬の選択が必要である。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法