起立性低血圧 診断

起立性低血圧 診断

仰臥位または座位から立位への体位変換にともない、起立3分以内に収縮期血圧が20mmHg以上低下するか、または収縮期血圧の絶対値が90mmHg未満に低下、あるいは拡張期血圧の10mmHg以上の低下が認められた際に起立性低血圧と診断します。
起立性低血圧の診断には立位5分間が推奨されていますが、約3分間の起立で起立性低血圧の約90%が診断可能であるとされています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法