ファンクショナルリーチテスト ( FRT:Functional Reach Test)

ファンクショナルリーチテスト ( FRT:Functional Reach Test)

準備
メジャー、模造紙又は付箋紙、目印用テープ

方法
① 体の横を壁に向けて、両足を左右に開いて立つ。
② 手は軽く握り拳をつくり、両腕を脇が直角になるよう前に上げる。
③ 肩の高さに挙げた拳の先端をマークし、壁から離れたほうの手をおろす。
④ 拳は同じ高さを維持したまま、足も動かさずにできるだけ前へ手を伸ばす。
  爪先立ちになってもよい。
⑤ 最大に伸びた所に印を付け、ゆっくり元に戻りもう一回測定する。
⑥ 開始の位置から最大伸びた位置までの距離を計測し、小数点第1 位を記録する。

評価
FRT測定距離15cm未満が転倒の可能性が大きくなるとされています。(境界値)
また、25cm以上の高齢者に対し、15cm未満の高齢者は転倒の危険が4倍あるとされています。





当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法