Hoehn-Yahrの重症度分類

Hoehn-Yahrの重症度分類


Hoehn-Yahrの重症度分類ヤールの重症度分類はパーキンソン病は重症度評価に用いられます。


Hoehn-Yahrの重症度分類(修正版)


0度

パーキンソニズムなし

1度

一側性パーキンソニズム

1.5度

一側性パーキンソニズムおよび体幹障害

2度

両側性パーキンソニズムだが平衡障害なし

2.5度

軽度両側性パーキンソニズム及び後方突進あるが自分で立ち直れる

3度

軽度〜中等度両側性パーキンソニズムおよび平衡障害、介助不要

4度

高度パーキンソニズムおよび平衡障害、歩行は介助無しで何とか可能

5度

介助なしでは車椅子まただベットに寝たきり、介助でも歩行困難


Hoehn-Yahrの重症度分類


1度

片方の手足に軽い症状(片手の振るえが多い)

2度

両方の手足に症状が広がる。歩行はほぼ正常。日常生活、仕事はできる。

3度

起立・歩行に障害。活動は制限されるが、自力での生活可能。

4度

起立・歩行が非常に不安定。自力のみの生活は困難、独歩はどうにか可能。

5度

起立不可能。介護がないとベッド上、車椅子での生活。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法