ブルンストロームステージ 上肢 手指 下肢 (Brunnstrom stage:Brs)

ブルンストロームステージ 上肢 手指 下肢 (Brunnstrom stage:Brs)

上肢

stage Ⅰ:弛緩性麻痺。
stage Ⅱ:上肢のわずかな随意運動。
stage Ⅲ: 座位で肩・肘の同時屈曲、同時伸展。
stage Ⅳ: 腰の後方へ手をつける。肘を伸展させて上肢を前方水平へ挙上。肘90°屈曲位での前腕回内・回外。
stage Ⅴ: 肘を伸展させて上肢を横水平へ挙上、また前方頭上へ挙上、肘伸展位での前腕回内・回外。
stage Ⅵ:各関節の分離運動。


手指
stage Ⅰ弛緩期(完全麻痺)。
stage Ⅱ指の屈曲不能、または僅か可能。
stage Ⅲ手指集団にぎり、鉤形にぎり可能。ただし指の随意伸展不能 。(反射的には可能かもしれない)
stage Ⅳ横つまみ可能。母指外転によるつまみ開きが可能。半ば随意的な手指進展可能。ただし不十分。
stage Ⅴ先端つまみ可能、円柱にぎり、球形にぎり可能だが、下手で実用性が少ない。随意的な手指伸展はかなり可能。
stage Ⅵすべてのにぎり、つまみが可能。巧緻性向上し随意的手指伸展完全に可能。個別の手指運動ができるが、反射が側よりわずかに劣る。

下肢

stage Ⅰ:弛緩性麻痺。
stage Ⅱ:下肢のわずかな随意運動。
stage Ⅲ: 座位、立位での股・膝・足の同時屈曲。
stage Ⅳ: 座位で足を床の後方へすべらせて、膝を90°屈曲。踵を床から離さずに随意的に足関節背屈。
stage Ⅴ: 立位で股伸展位、またはそれに近い肢位、免荷した状態で膝屈曲分離運動。立位、膝伸展位で、足を少し前に踏み出して足関節背屈分離運動。
stage Ⅵ: 立位で、骨盤の挙上による範囲を超えた股外転。座位で、内・外側ハムストリングスの相反的活動と、結果として足内反と外反を伴う膝を中心とした下腿の内・外旋。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法