認知症 バリデーション療法(確認療法)

認知症 バリデーション療法(確認療法)

認知症高齢者の自尊心をサポートし、患者の主観的な体験・感情を認め、すべてを受入れること
で苦痛を和らげ自己評価の回復を目指すものです。


不安や悲しみ、衝動的な症状に効果があります。


具体的には患者が病院にいるのに、「ここは家だ」と言えばそこを家だと肯定します。
の対極にあるのが現実見当識訓練で、患者の誤認している状況を訂正していきます。
患者が混乱している場合、どちらの方法がより適切なのかは個々の病状により異なります。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法