気管切開の目的

気管切開の目的

気管切開の目的は一般的に③つあります。

①上気道狭窄・閉塞に対する気道確保

②下気道分泌物・貯留物の排除

③呼吸不全の呼吸管理


誤嚥が頻繁に見られる例では、気管カニューレのカフバルーンによる現防止をところではあるが、効果はわずかな時間内でしか期待できない。

バルーンによってせき止められた誤嚥物は喉頭の上下動によって、いずれ下気道に落ちていくとされている。