直接嚥下訓練 開始基準

直接嚥下訓練 開始基準

①意識レベルが清明か覚醒(JCSで0~1桁)している。
   浅眠がちでも食事をすることが意識でき、支持に従える。

②全身状態が安定している。
   重篤な心疾患、消化器合併症、痰がらみなどがない。
   発熱時は、呼吸器感染以外を除き、食欲があれば試みて可。

③脳血管障害の進行がないこと。
   特に急性期の数日間は観察が必要。

④改訂水飲みテストで嚥下反射を認める。

⑤十分な咳(随意的または、反射的)ができる。

⑥著しい舌運動、喉頭運動の低下がない。

※脳血管障害急性期以降など、禁食を脱した時期からの判断。
※水ではムセが見られても、トロミをつければムセない場合や、唾液の確実な嚥下が可能であれば良い。