パーキンソン病のリハと運動のポイント

パーキンソン病のリハと運動のポイント

・パーキンソン病では、歩行など無意識のうちに行っている運動が障害される注意を集中して(意識して)繰り返し行う。

・自分が困難と感じている動作を繰り返し行う。

・1回10分~20分、1日2回~3回、疲れない程度、毎日規則正しく続ける。

・運動練習は正しい手順で行う。

・運動障害の克服は姿勢を正しくすることが基本。 鏡の前に立ち、正しい姿勢と悪い姿勢の違いを体で感じ、良い感じを覚える。