急性期リハの意義

急性期リハの意義

急性期リハの主目的は廃用症候群や合併症を予防し、機能改善を図ることです。
局所の廃用としては、各関節の拘縮や筋萎縮に伴う筋力低下、褥瘡、静脈血栓症などが挙げられます。
廃用は局所だけではなく全身にも影響を及ぼし、心肺機能や消化器機能、精神機能の低下などを引き起こします。
これらが ADL(日常生活動作)の低下につながるため、可能な限り早期から積極的にリハを開始することが、ADL の回復を早めるとともに、意識・覚醒レベルの正常化を助け、廃用症候群の予防に有効であると言われています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法