体位ドレナージ 呼吸介助の目的、効果および禁忌事項

体位ドレナージ 呼吸介助の目的、効果および禁忌事項

呼吸介助の目的はおもに換気の改善である。そのため、換気の改善が期待できない場合や換気の改善を必要としない場合は、適応外となる。
呼吸介助によって換気が改善し、気道分泌物の移動、呼吸仕事量の軽減、呼吸困難の軽減などといった効果が期待される。
絶対的な禁忌事項は、胸部の広範な熱傷による植皮術後のみだが、循環動態の不安定な患者や骨粗鬆症の合併がある患者などに対しては実施できない場合がある。