左心不全と右心不全


左心不全と右心不全

心臓への負担や心機能障害は、通常左室に優先して発生します。
左室機能障害によって前負荷が増大すると左室内腔が拡大し、左室充満圧が上昇します。その結果肺うっ血をきたします。右心不全の病態は体静脈のうっ血と末梢浮腫が中心であるが、その発症は左心不全に続発することが多いです。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法