パーキンソン病統一スケール UPDRS

パーキンソン病統一スケール UPDRS


適応


パーキンソン病 (進行性核上性麻痺にも使用されています。)

構成


1)評価の視点


  1. 1 部「精神機能、行動及び気分」(4 項目)問診により On 時または Off 時に関係 なく評価する。
  2. 2 部「日常生活動作」(13 項目)問診により On 時又は Off 時に分けて評価する。
  3. 3 部「運動能力検査」(14 項目)On 時に検査し評価する。
  4. 4 部「治療の合併症」(11 項目)問診により評価する。
  5. 原著では、第 5 部として「Hoehn & Yahr  修正重症度分類」、第 6 部として「Schwab & England of Daily Living Scale」を収録している。
  6. Hoehn & Yahr  修正重症度分類」では、従来の Hoehn & Yahr  重症度分類に Stage1 5:一側性パーキンソニズム体幹障害、Stage 25:軽度両側性パーキンソニズム + 後方突進があるが自分で立ち直れる、の 2 つの Stage が追加されている。
  7. Schwab & England of Daily Living Scale」は ADL 0%(全介助)から 100%(完全自立)までを 10%きざみで評価したものである。

2)尺 度

UPDRS の評価尺度は順序尺度である。

1 部から第 3 部までは 01234 5 段階、第 4 部は一部  01 2 段階の評価がある。

0」:症状がない状態から「4」:症状が最重度の範囲で評価する。

42 項目の合計点の範囲は、0251 点である。


  • 1 部の小計の範囲は、016
  • 2 部の小計の範囲は、On Off 時各 052
  • 3 部の小計の範囲は、0108
  • 4 部の小計の範囲は、023

基準値

UPDRS はパーキンソン症状の重症度を数値化して示すものであり、症状がない場合のス
コアは「0」となる。基準値、カットオフ値などはない。

評価項目の詳細はこちら↓


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法