認知症防ぐ遺伝子変異 欧企業チームが発見 47NEWS

認知症のアルツハイマー病になりにくくなる遺伝子変異が、アイスランド人を対象とした研究で見つかった。非常にまれな変異だが、通常の老化に伴う認知機能の低下を防ぐ働きもあるとみられ、研究チームは「同じ効果を薬剤で実現できれば認知症予防に有効だ」 とみている。

詳しくはこちら↓
認知症防ぐ遺伝子変異 欧企業チームが発見 - 47NEWS