バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法

バーセルインデックス (Barthel lndex, BI) ADL評価法


バーセルインデックスとは

代表的ADL尺度のうちのひとつで、わが国でもリハビリテーション医学の領域で比較的普及しています。

ADLは基本的日常生活動作(ADL)と手段的日常生活動作(IADL)に大別されます。

BI(1965年)は基本的日常生活動作(ADL)の評価法のひとつです。

最近ではGrangerによる改訂版BIが一・般的に用いられます。

BIは13項目からなり,要介助と自立の基準があり、得点が配されています。

規準にあわないときは0となり、総得点は最高100、最低0となります。

BIが60以上では介助が少なくなり,40以下ではかなりの介助を要し,20以下では全介助となります。

バーセルインデックスの評価表はこちら↓

バーセルインデックス評価表①
バーセルインデックス評価表②



当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法