音声治療技法とそれぞれのエビデンスレベル

音声治療技法とそれぞれのエビデンスレベル


声帯過内転障害に対する音声治療技法

あくび・ため息法:エビデンスレベルⅣ~Ⅴ
咀嚼法:エビデンスレベルⅣ
ハミング:エビデンスレベルⅢ
喉頭マッサージ:エビデンスレベルⅣ
フィードバック法:Ⅱ~Ⅴ

声帯低内転障害に対する音声治療技法

プッシング法:エビデンスレベルⅣ
フィードバック法:エビデンスレベルⅡ~Ⅴ
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法