量制御換気(量規定式換気) VCV の特徴

量制御換気(量規定式換気) VCV の特徴


量制御換気(量規定式換気)VCVは、volume ‐ control ‐ ventilation)の略です。
メリットデメリットは以下の通りです。

メリット

① 1 回換気量を保証する(回路などのリークがない場合)。
②チューブ閉塞・痰詰まり時に気道内圧が上昇する。
③換気量アラームのない機種では PCV より安全である。

デメリット

①回路リーク・カフ漏れ時に 1 回換気量が減少する。
②健常な肺胞(コンプライアンスが高い)や開存度の高い気管支領域の肺胞が優先的に換気されるため、過膨張が起こる。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法