PEEP の特徴

PEEP の特徴


PEEP は呼気終末陽圧のことを言い、ピープと読みます。

呼気のときに気道内圧がゼロになる
と肺胞がつぶれてしまいますが、このときに、一定の陽圧をかけておくと肺胞がつぶれにくくなります。

そのため、ガス交換が行えるようになり、酸素化に有利になるようです。

PEEP の副作用としては、高い PEEP をかけると、圧損傷や胸腔内圧が上昇することによる循環抑制(血圧低下、それによる尿量低下、浮腫など)をおこしやすくなりますので注意が必要となります。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法