圧制御換気(圧規定式換気) PCV の特徴

圧制御換気(圧規定式換気) PCV の特徴

PCVとは

PCVは(pressure ‐ control ‐ ventilation):圧制御換気(圧規定式換気)の略です。
メリット、デメリットは以下の通りです。

メリット

①肺胞や気管支に均等な圧力をかけて換気するため、低い気道内圧を保つことができます。また、平均気道内圧を高くできるため酸素化能も高くなります。

②少しの回路リーク、カフ漏れが生じても 1 回換気量は保たれます。

デメリット

①挿管チューブの折れや閉塞が生じると換気量が減少してしまいます。

②無気肺や痰詰まりで換気量が減少してしまいます。

③吸気時間の設定によって換気量が減少することがあるので、流量波形で確認しなければいけません。

④換気量をモニターできる機種でないと、チューブの折れや閉塞、無気肺、痰詰まりなどによる換気量の不足に気付くことが難しく、重大な事故につながってします。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法