パーキンソン病と振戦

パーキンソン病と振戦

初発症状としても約7割の患者に存在すると言われていますが、全経過を通してまったく認めない患者も約25%います。


パーキンソン病の振戦は4~6Hzでじっと座っているときに頻繁に出現するため安静時振戦と呼ばれていますが、睡眠中は消失し、歩行中の手によく観察されます。


緊張しているときのほうが出やすく、軽微な場合には暗算などをさせるとわかりやすくなります。


動作中には振戦は軽減します。


これに対して、本態性振戦や老人性振戦ではむしろ動作時に強く出現するので鑑別するのに良いです。


パーキンソン病では一定の姿勢を保持させると、最初、振戦は目立たないが10秒以上経過してから出現することがあります(re-emergent tremor)。


これらの振戦は四肢の遠位部に強く、顎や口唇にも比較的出やすいです。


典型例では手の振戦は丸薬を丸めるような動き(pil1-rolling)を呈します。

非常に軽微な場合、体表から観察できなくても、患者は「体の中で震えているような気がする」などと自覚することもあるようです。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法