古典的失行 障害部位

古典的失行 障害部位

Liepmannが記述した古典的失行症は優位半球頭頂葉の障害で発現します。
中心溝を中心に肢節運動失行が、縁上回を中心に観念運動性失行が、角回を中心に観念性失行が生じます。