1回拍出量(stroke volume:SV)

1回拍出量 (stroke volume:SV)

1回拍出量は、1心拍で駆出される血液の量です。
代表的な検査に左室駆出率(left ventricularejection fraction:LVEF)があります。
左室駆出率は、1回の心収縮により左室より拍出される血液量(1回拍出量)の左室拡張末期容積に対する割合です。
この指標は、心収縮能と前負荷、後負荷により規定されますが、後二者が一定という仮定のもとで、心収縮能の指標としてよく使用されます。
基準値は0.6~0.7(60~70%)です。
0.5以下(50%以下)であれば心収縮能の低下例とされます。
検査方法は左室造影法、心エコー図、心プール法を用いて算出されます。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法