保続 前頭葉症状

保続 前頭葉症状

前頭葉損傷者では一旦ある行動を開始すると停止することが出来ない保続が出現します。
佐久間と鹿島によれば、保続には、


  1. 全般的脳機能障害の因子
  2. 運動遂行の惰性に関する因子
  3. 運動プログラミングの惰性に関する因子の3要因が関与しているといいます。


前頭葉損傷に関係が深いと考えられるのは②と③です。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法