【拍子合わせ】高齢者のグループレクリエーション

【拍子合わせ】高齢者のグループレクリエーション

各自が打楽器を持ち、隣の人が叩いた数だけ自分も叩きます。
数の理解と注意力が試される、楽しくてにぎやかなグループレクリエーションです。

対象

重度

人数

3人以上

準備

打楽器(たいこ、カスタネット、タンバリン、鈴など)

方法

  1. 参加者は輪になって座ります。スタッフもその中に加わります。
  2. 参加者に打楽器を配ります。スタッフも楽器を持ちます。
  3. はじめにスタッフが、好きな数を叩きます。
  4. スタッフの叩いた数と同じだけ、スタッフの隣から順に楽器を叩きます。

アドバイス

  • 楽器がなければ、代わりに音の出るものであれば何でもかまいません。
  • 簡単にできるようであれば、叩くリズムを不規則にすると難しくなります。
  • はじめに楽器を叩く役割を参加者が行い、交代します。

応用

  • スタッフのたたいた数より、順にひとりずつ多く叩きます。
  • スタッフが何回か楽器を叩きます。隣の人はスタッフと同じ数だけ自分の楽器を叩いたあと、自分の好きな数だけ楽器を叩きます。以下同様にそれを続けます。