【隣の人に回しましょう】高齢者のグループレクリエーション

【隣の人に回しましょう】高齢者のグループレクリエーション

隣に座っている人に「はい」と言いながら品物を渡せたら、合格です。コミュニケーションの基本的な態度を養う課題です。

対象

最重度 精神活動低下

人数

3人からでも可能

準備

片手で持ちやすい品物1個

方法

輪になるように座ります。セラピストはその名の一人に品物を渡します。(セラピストが参加しても良いです。)
渡された人は品物を左隣の人に「はい」と言って手渡します。
品物を受け取った人は、その次の人に「はい」と言って手渡します。
品物が1周したら反対回りで動揺に行います。

アドバイス

品物は片麻痺の方でもつかみやすいものにすると良いでしょう。

例:ソフトボール、毛糸など。

応用

渡す品物を一つではなく複数とし、参加者の中の何人かに品物を持ってもらう。
全員で、「1、2、3、はい」の掛け声をかけ、それに合わせて、隣の人に渡していく。