姿勢制御機構の階層性

下位中枢の機能は上位中枢に統合され、下位中枢独自の機能は抑制されています。

静的姿勢制御

頭部・体幹を重力方向に対 して正しい位置に戻し、構えを正常位にすることを立ち直り反射といいます。

動的姿勢制御

支持基底面を移動させて姿勢を保持する反応をバランス反応、平衡反応といいます。
1つの反射による運動が次の反射運動の刺激となリー連の反射が連続して起こる連鎖反応です。 個々の反射が連続して規則的に機能します。

脊髄反射

脊髄反射には、①伸張反射、②屈曲反射、③陽性支持反応と陰性支持反応、④交叉性反射、⑤長脊髄反射があります。

低位脳幹(延髄、橋)の反射

①緊張性頸反射(非対称性緊張性頸反射 、対称性緊張性頸反射)、②緊張性迷路反射 、③頸の立ち直り反射があります。

高位脳幹(中脳)と視床の反射

①迷路性立ち直り反射、②頸に対する体の立ち直り反射、③体に対する体の立ち直り反射があります。

大脳皮質の反射

①視性立ち直り反射、②踏み直り反応、③跳び直 り反応、④足踏み反応があります。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法