ケベック分類 (外傷性頸部症候群の重症度分類)

ケベック分類 (外傷性頸部症候群の重症度分類)


Grade O:頸部に訴えがない、徴候がない

Grade I:頸部の痛み、こわばり、圧痛のみの主訴、客観的所見なし

Grade Ⅱ:筋・骨格徴候を伴う頸部主訴

Grade Ⅲ:神経学的徴候を伴う頸部主訴

Grade Ⅳ:骨折または脱臼を伴う頸部主訴

ケベック分類の注意点


・筋・骨格徴候には可動域制限と圧痛を含む

・神経学的徴候には腱反射低下や消失と感覚障害を含む

・症状や障害は、耳が聞こえない、めまい、耳鳴、頭痛、記憶喪失、嚥下障害、側頭上顎関節痛などを含み,どのような程度に発現してもよい

外傷性頸部症候群に対するケベック分類grade Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの推定病理


Grade I:顕微鏡的あるいは多発性顕微鏡的損傷

Grade Ⅱ:頸部捻挫と南部組織(椎間関節包、靭帯、腱、筋肉)周辺の出血軟部組織損傷による筋痙縮

Grade Ⅲ:機械的損傷あるいは出血、炎症で惹起される神経組織の損傷
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法