誤嚥性肺炎の危険因子

誤嚥性肺炎の危険因子


患者背景

  • 高齢
  • 男性
  • 喫煙
  • 栄養不良
  • 咽喉頭コロニーの形成(口腔内不衛生)
  • 嚥下障害
  • 食道蠕動低下・嘔吐
  • 咳嗽反射の低下
  • 意識状態の変調
  • 経管栄養
  • アンギオテンシン変換酵素遺伝子型(deletion/deletion)

基礎疾患

  • 認知症
  • 糖尿病
  • 慢性肺疾患
  • パーキンソン病

薬剤

  • 制酸剤(プロトンポンプ阻害剤)
  • 鎮静剤
  • 向精神薬
  • 抗コリン剤(胃内残渣増加)
  • カルシウム拮抗薬(食道括約筋力低下)
  • アンギオテンシン変換酵素阻害剤の未使用

日本外科感染症学会雑誌Vol.13(3)2016より参照
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法