ピック病の症状経過

ピック病の症状経過


第Ⅰ期(発病から1~3年)

人格:関心の喪失
 判断力:障害
 実行能力:計画および抽象思考の低下
 記憶:比較的保たれている
 視空間見当識:正常
 言語:正常あるいは失名辞,迂回操作
 計算力:比較的保たれている
 Klifver-Bucy症候群:症状が部分的に顕在化
 運動系:正常
 脳波:正常

第Ⅱ期(発病から3~6年)

言語:常同言語,言語理解不良,失語
 記憶:比較的保たれている
 視空間見当識:比較的保たれている
 判断力:低下
 実行能力:低下
 運動系:比較的正常
 脳波:基礎律動徐波面
 CT/MRI:前頭葉と側頭葉の両方あるいはいずれかの局所性萎縮
 PET/SPECT:両側前頭葉の低代謝あるいは低下

第Ⅲ期(発病から6~12年)

言語:絨黙あるいは意味不明の言葉
 記憶:低下
 視空間見当識:低下
 認識:高度に障害
 運動系:錐体外路症状あるいは錐体路症状・錐体外路症状が混在
 脳波:全般性徐波あるいは前頭・側頭の徐波化
 CT/MRI:前頭葉と側頭葉の両方あるいはいずれかの局所性萎縮
 PET/SPECT:両側前頭葉の低代謝あるいは低下

(Cummings&Benson, 1992)
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法