嚥下障害と三叉神経麻痺

嚥下障害と三叉神経麻痺


三叉神経は口腔内の知覚および顎運動に関与しています。
一側の単独麻痺では嚥下障害は顕著に現れないので、注意が必要です。
また、三叉神経運動枝は顎運動を司ります。舌骨上筋郡である、顎二腹筋前腹と顎舌骨筋も三叉神経の支配です。
嚥下時には、舌骨の挙上に関与していますが、単独麻痺では症状としてはとらえにくいと言われています。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法