嚥下障害と舌咽・迷走神経

嚥下障害と舌咽・迷走神経


舌咽神経及び迷走神経は、ひとまとめに評価されることが多く、神経診断学においてもいずれの神経障害かはほとんど区別されていません。

一側の喉頭運動麻痺は気息性嗄声を呈しますが、声帯の運動を観察すれば明らかです。
「あー」発声時の軟口蓋の挙上の具合で軟口蓋麻痺の有無を判断し、一側性か両側性かを判断します。

一側性の咽頭筋麻痺では、発声時に咽頭後壁が健側に移動するカーテン徴候が見られます。

また一側梨状陥凹の唾液の貯留は、同側の咽頭筋麻痺を示唆する所見ですが、嚥下のX線透視により咽頭壁の収縮の様子を観察する必要があります。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法