Logopenic型進行性失語(LPA)

Logopenic型進行性失語(LPA)


Logopenic型進行性失語(logopenic progressive aphasia;LPA):喚語困難に伴う自発話の停滞と復唱障害を中核症状とし、豊富な音韻性錯語を特徴とする変性疾患に特有の失語症候群です。

LPA:進行性非流暢性失語(progressive nonfluent  aphasia;PNFA)、意味性認知症(semantic dementia;SD)と並んで、原発性進行失語(primary progressive  aphasia;PPA)の主要な3臨床型を形成し、logopenic variant of PPAと称されています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法