全体構造法 失語症訓練

全体構造法 失語症訓練


全体構造法は道関、米本によって提唱された方法であり、音声言語から開始して自国語に固有の、コミュニケーション過程から自然な言語体系の習得を目指すことを基本としています。

具体的な方法として、繰り返して唱えることによって、自国語、のプロソディ(韻律)に則った話し言葉を、本来、の形で効果的に体験させる「となえうた」や話し言葉知覚を統合して言語機能に結びつける「身体リズム運動」、刺激を対比したり、隠したりすることで知覚しやすくさせる「不連続刺激」を用いています。

人間を知覚の統合体と考えている点が特異的と言える訓練方法です。

全体構造法は道関、米本によって提唱された方法であり、音声言語から開始して自国語に固有の、コミュニケーション過程から自然な言語体系の習得を目指すことを基本としています。

具体的な方法として、繰り返して唱えることによって、自国語、のプロソディ(韻律)に則った話し言葉を、本来、の形で効果的に体験させる「となえうた」や話し言葉知覚を統合して言語機能に結びつける「身体リズム運動」、刺激を対比したり、隠したりすることで知覚しやすくさせる「不連続刺激」を用いています。

人間を知覚の統合体と考えている点が特異的と言える訓練方法です。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法