注意障害の種類

注意障害の種類


注意障害を大まかに分けると4種類に分けることができます。

①選択性注意障害

対象物に対し注意のスポットライトをあてられなくなる。

②持続性注意障害

あてた注意を一定時間持続できなくなる。

③配分性注意障害

多方向に注意を向けることができなくなる。
2 つのことを同時に行えなくなる。

④転換性注意障害

注意を向ける対象を切り替えることができなくなる。
向けてはいけないほうに向けないようにすることができなくなる。

注意の選択・持続はより基礎的な機能であり、注意の配分、転換はより高次の機能だと考えられています。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法