嚥下障害を疑う患者様に対しての摂食場面の観察ポイント

嚥下障害を疑う患者様に対しての摂食場面の観察ポイント

観察項目、症状

観察ポイント

考え得る主な病態・障害

食物の誤識
ボーとしている。キョロキョロしている。
食物への認知障害、注意散漫
食器の使用
口に到達する前にこぼす。
麻痺、失調、失行、失認
食事内容
特定の物を避けている。
口腔期、咽頭期、味覚、唾液分泌低下、 口腔内疾患
口からのこぼれ
こぼれてきちんと口に入っていない。
取り込み障害
口唇・頬の麻痺
咀囑
下顎の上下運動だけで、回旋運動がない。 硬い物が噛めない。
咀嚼筋の障害
齲歯、義歯不適合、歯周病など
嚥下反射が 起こるまで
長時間口にため込む、努力して嚥下をしている。 上を向いて嚥下している。
口腔期、咽頭期、送り込み障害
ムセ
特定の物(汁物など)でむせる。
食事のはじめにむせる。
食事の後半にむせる
誤嚥、咽頭残留頭、誤嚥


不注意、誤嚥、咽頭残留


疲労、筋力低下、胃食道逆流
食事中、食・事後に咳が集中する
誤嚥、咽頭残留、胃食道逆流
食事中。食後に声が変化する。
誤嚥、咽頭残留
食事時間
1食に30~45分以上かかる。
認知、取り込み、送り込みなど
食欲
途中から食欲がなくなる。
認知、誤嚥、咽頭残留、体力
疲労
食事の途中から元気がない、疲れる。
誤嚥、咽頭残留、体力


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法