シャキア・エクササイズ(頭部挙上訓練 シャキア訓練)

シャキア・エクササイズ(頭部挙上訓練 シャキア訓練)



目的

舌骨上筋群など喉頭挙上にかかわる筋の筋力強化を行い、喉頭の前上方運動を改善して食道入口部の開大を図る目的で行います。
食道入口部の食塊通過を促進し、咽頭残留(特に下咽頭残留)を少なくする効果がありまう。


主な対象者

喉頭の前方や上方への運動が低下し、その結果食道入口部の開大が減少している患者。
球麻痺。一般高齢者


具体的方法

原法

➀挙上位の保持(等尺性運動):仰臥位で肩を床につけたまま、頭だけをつま先が見えるまで高く上げる。「1分間挙上位を保持した後、1分間休む」これを3回繰り返す。
➁反復挙上運動:同じく仰臥位で頭部の上げ下げ(upanddown)を30回連続して繰り返す。➀➁を1日3回、6週間続ける。以上は原法ですが、本邦の患者では負荷が大きすぎるため以下の方法が提案されています。


◉頭部挙上テストで負荷量を決める方法

①安静臥位でバイタルサインを測定する。
②持続法について頭部を持続的に挙上してもらい可能な持続時間を測定する→本人の最大持続時間の50%を持続挙上の負荷時間とする。50%負荷で運動をしてもらい直後にバイタルサインを測定し、収縮期血圧が安静時より20mmHg以上上昇しない、ないし180mmHgを超えない、脈拍が安静時より20/分以上増加しない、ないし120回/分とならないことを確認します。
バイタルの変動が大きい場合は安全な範囲で行えるようにさらに負荷量を減らします。
③反復法についてやはり反復可能な回数をあらかじめチェックし、最大反復回数の50%(端数は切り上げ)で負荷回数を設定する。バイタルについては同上。
④適宜(1~2週ごとなど)頭部挙上テストを繰り返す負荷量を増加させるかどうか検討します。ただし、原法の1分間持続、30回反復を上限とします。


◉喉頭挙上筋群を徒手的に鍛える方法

岩田らは頸部等尺性収縮手技を報告しています。これは抵抗に逆らって下額を胸の方向に強く牽引する方法です。介助者が行っても自分自身が自主訓練として実施しても効果があります。注目すべきは訓練直後に即時効果として舌骨、甲状軟骨の位置が上昇し、自覚的に嚥下が改善します。また、2~4週継続するとRSSTの回数増加、頤―舌骨間距離短縮、頤―甲状軟骨間距離短縮があるとのことです。このことにより誤嚥防止効果が期待できるとしています。機序としてはシャキアー訓練と同じ喉頭挙上筋群に対するアプローチであるが、即時効果があるという点で興味深いです。


杉浦らは頭頸部腫瘍術後の喉頭挙上不良を伴う嚥下障害例に対して徒手的頸部筋力増強訓練を報告しています。これは、等張性および等尺性の抵抗運動3パターンを組み合わせたものです。等張性運動としては椅子座位姿勢で、治療者が患者の額に両掌を当て、後方へ引く力に拮抗しながら頸部前屈運動を行わせる。等尺性運動では、患者に頸部前屈姿勢をとらせ、治療者が額を後方に引く力もしくは下顎を上方へ押し上げる力に拮抗して頸部前屈姿勢を5~10秒間保持させます。
頭頸部腫瘍術後の筋力低下などによってShaker法など自動的な頭部挙上訓練が実施困難な喉頭挙上不良嚥下障害例に対しては、他動的な徒手的抵抗負荷をかけた筋力増強訓練が有効であるとしています。


注意点

症例によっては負荷が大きいので適宜、強度や頻度を調節する必要があります。

頸椎症や高血圧患者には注意が必要です。