姿勢や歩行に重要な神経メカニズムの概要

姿勢や歩行に重要な神経メカニズムの概要

姿勢保持や運動時の体の協調には、小脳や大脳基底核がネットワークを形成した錐体外路性運動系が重要です。

その一部の前庭脊髄路や網様体脊髄路は、前庭神経核に入った平衡覚情報を基に四肢・体幹の筋を調節して姿勢を保持します。

歩行に必要な基本的な運動出力は脳幹や脊髄などの下位の階層にある中枢パターン生成器(CPG)が生成し、上位中枢の負担を軽減しています。