坐骨神経痛時のハムストリングスへの押圧

坐骨神経痛時のハムストリングスへの押圧

大腿後面の筋肉(ハムストリングス)は、膝の屈曲と股関節を伸展させる働きがあります。

坐骨神経痛で足が動かなくなるのは、ハムストリングスが関係しています。

太ももの裏側を押圧すると棒状の経筋結節を触診することができます。

この硬結を両手の四指でほぐすと、足が軽く動きやすくなります。