坐骨神経痛の経筋反応

坐骨神経痛の経筋反応

坐骨神経痛では、足太陽経筋と足少陽経筋の2経に反応が出る場合が多いです。

触診でも、患側の梨状筋部と右大腿の後側に硬結がみられます。

経筋反応が足少陽経筋だけにある場合は、梨状筋部の硬結を手技でほぐすと、比較的短期に症状が緩和するといわれています。

治療は、足少陽経筋の経筋反応から右梨状筋部の硬結を手技でほぐすことをメインに行っていくと良いそうです。

それに加え、足太陽経筋の大腿後面をそれぞれ押圧し経筋をほぐすセルフでの手技と、坐骨神経痛の運動療法を行ってもらうと良いです。

ただし、手技療法・運動療法を行って痛みが増悪するときは中止するようにします。