末梢性顔面神経麻痺の病的共同運動

末梢性顔面神経麻痺の病的共同運動

病的共同運動は、神経再生時の過誤支配によって生じると考えられ、後遺症の中でも頻度が高いです。顔面のある部位の随意運動や反射的運動時に、他の部位の不随意運動も伴うのが症状です。

具体的には、瞬目時に患側の頬部から口角がピクピク痙攣したように動いたり、強閉眼時には口角挙上、頬部の隆起、鼻唇溝が顕著になります。

また、会話時や食事時には患側の瞼裂狭小化や閉眼状態となる場合もあります。

極軽度の病的共同運動であれば気にならないこともありますが、中程度以上になると不快感の強いことが多いです。